オシアナの風
  • 2010/09
  • 2010-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2010/11
小松基地
2010年10月28日(木) 23:15
2010.10.3

なぜか今頃小松基地。

岐阜の後だとテンション下がりますね。

やっぱり岐阜の楽しさを堪能してしまいましたか。

しかし、ここ小松も二つの戦闘機飛行隊が居るので期待はしていましたが。

今回は、久しぶりの会場での撮影をしようと。

これがいけなかったか。

なんとも、マナーも相変わらず、人ごみも大変なことに。

素直に脚立エリアか、外撮りにすればよかったとだいこうかいしてしまいまし

た。

まあまあ、怒っても仕方はないが。

ともあれ(笑)

消化不良の小松ですが。

来年からは考えてしまいますが、前後の楽しみがあればこれがメインではなく

またくるでしょうwwww


ここも、ブルーの前には撤収。

大量の人を見てウンザリ。

まあ、わかってはいてもね。

次回は賢くやる。

たまには初心に返ってなんて思わない方がいい。


岐阜
2010年10月26日(火) 00:30
2010.10.24

飛行開発実験団。

彼らの飛行技術は日本屈指の集団でもある。

自衛隊機の機動飛行を見たければ岐阜に行け。

巷の噂ではそう聞こえてくる。

毎年、この航・空・通・過・展・示が何時まで行われるかが気がかりだが

今年も立派にプログラム通りに航・空・通・過・展・示が行われた。

ここだけは外せない、毎年、航空祭での撮影の集大成がここである。

下手な鉄砲数打てば当たる!

昨年のような天気ではなかったが、そんなの飛んでくれれば関係ない。

今年は飛行の妙技をいろいろと展示で見れた。

今回は、イーグルでも出来るのだよと、スパホでお馴染みのレベルオフして

水平飛行に移行。

イーグルでは始めてみたような気がする。

これも航・空・通・過・展・示であるから機動飛行展示ではない。

彼らの飛行機動展示を見て見たい。

おったまげるであろうか?

昨年の青空の中の展示はなんとも綺麗なものだった。



今年は曇りなので仕方はないが、十分すぎるほどの飛行を堪能できるだろう。

では彼らの飛行を。



F-4EJ Phantom II 

いまだに第一線で頑張る、世界の名傑作機。

F-2には、F-4とは違うのだよF-4とは!と、言われてしまうが世界各国のマニア

から注目され各国からのマニアが競ってここ岐阜に集結しているという。

希少価値のF-4 Phantom II の飛行を拝めるとあって、また、この機動飛行、

いや、もとい、暴れまくる飛行は501飛行隊を上回る。

流石にぴか一パイロットが揃っている。




F-2A/B

その違いを見せる、F-2。

まあ、F-16の派生型とはいえ各種の改造により上回る性能も見受けられる。

が、しかし、そのなんだ。

確かに、F-4とは違うのだよは違う機動性能を見せ付ける。

当初あった計画で、コイツでのブルーインパルスが出来上がっていれば

もっと見応えのある展示がみれたか、もしくはお家元サンダーバーズに

やられてたか。

JAPAN戦闘機では最新鋭の機種ではあるが。

好みの問題もあるが、塗装は日本らしくなんともすばらしい迷彩塗装を配属機

ではしている。

実験団のカラーリングも自衛隊機にしては悪くないのでは?(笑)

アピール度はもの凄くある塗装で一般向けに抜群だ。




F-15J Eagle

日本の主力戦闘機。

下手すれば2030年位まで使い続けるんでないかと思われる。

おいおい、トムが退役してからどんだけたつんだ!

まあ、海軍機の宿命かもしれんが、同世代がそこまで使い続けるということは

それだけ次が駄目なのか、平和になったのか。

しかし、コイツの飛行も捨てたものでないことを、今年のあちこちの航空祭で

その機動振りを見せてくれた。

さきで述べたように、いろいろな飛行ができるのを見せてくれるから楽しみが

増えたようで嬉しい限りだ。





朝8時からいきなりのフル戦闘状態に持ち込まないと迎撃が追いつかない

マニアにとっては楽しい時間が午前で終わる。

今回は天気も崩れるとのことで終了と同時にAMで撤収。

これも、判断を間違えると撮り逃すことになるがここが腕の見せ所?




また来年、下手な写真を撮りに来るのが楽しみである。




MISAWA 三沢 ?
2010年10月08日(金) 23:20
2010.9.19

さて、ファルコンゲート近くに駐屯した我らだがまずはめしめし。



おいおい、これで各定食千円+。

おやおや、さすがやすくてボリューム満点。

ビールもかっ食らう輩。

その後は、スーパー戦闘でのメイテナンス。

毎度のパターンで明日の打ち合わせをして就寝。

とはいいが、雨がしとしとと。

まあ、これくらいなら大丈夫であろうと、当日はやっぱり雨模様。

とはいえ、小ぶりや、やむ時間も多いのでこりゃいけるでしょうと。

今回は、大型機B-52の飛来、A-10によるデモ飛行、ビートル機、U-2ドラゴンレ

ディーのフライバイがあるが、ビートル機は米軍空輸の問題でキャンセル。

ドラゴンのフライバイも天候キャンセル。



まあ、昨年のサンダーバーズと比べてもまあまあであろう。

豪軍のF-111が予定ではオファーしていたらしいが、残念ながらキャンセル。

実現できていたら、サンダーバーズどころでなく、マニアがうじゃうじゃと

集結していただろう。

残念なことであるが、これで生きているアードバークにはお目にかかれないか

ここでも、てなもんや三度笠で天気の悪い中の迎撃タイム。



自衛隊機の頑張りもあるが、雨には負けたようだ。

しかし、DEMO展示チームは雨が落ちずになんとかがんばりを見せる。

米軍は、やる時はやる。

さすがだよね、やっぱり実戦上がりの人間には勝てないか。

最後は、全長より長い翼幅のA-10。

はみ出てしまう。

低い雲もあるのに全天候性能のA-10。

雲の入りながら匠に軌道修正し、デモ飛行するパイロット。

晴天でのデモもいいが、この巧みな技の飛行デモもとてもいい。

今回も、ここまで来た甲斐があったというものである。

日本国内では少ないチャンスを活かさないとね。



しかし、最近のブルーの切れが悪いように思える。

いつもはブルーの前に撤収だが、プログラムの真ん中あたりにデモ設定がされ

ているので、じっくりと見学できる。

間での展示だと、一般客が演技終了と同時に、どっと帰るのでこちらは助かる

しかしまあ、こんなもんかね〜

我々にはいいものだが。














 | HOME | 

無料カウンター

2003.9.24ATUGI
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/bm8bqkdlfk3p